Porco Rosso KABTOR マルコパゴット専用機

使用キット
タカラトミー  カブター
ファインモールド  サボイアS.21F


言わずと知れた名作
「紅の豚」
に登場する飛行艇
主人公のマルコパゴット専用機である
サボイアS.21は
船体の上にあるプロペラエンジンが特徴的な機体
個人的にこの飛行艇が大好きで
綺麗な赤色
プロペラ機
エンジン乗ってる!
紅の豚
という理由で
いつか作りたいと思っていました。

今回、タカラトミーから
ゾイドワイルドが販売開始しし

私もいくつか製作しました。
その中でカブターを作った時に
今まで考えていた事がすべて繋がり
思い立ったかのように
こいつを買いました。

ファインモールドのサボイアS21.Fです。
こいつに付いているプロペラエンジンを
カブターに取り付けてやろう!

プロジェクトは、ここからスタートしました。

まず、カブターの上にプロペラエンジンを
載せる事は、そんなに難しくありませんでした。

ですが、後に残った船体や羽が
非常にもったいなく感じ
悩んだ結果
一歩!前に出てみようと思い
羽をミキシングする事にしました。
今までの自分なら
エンジンポン付けで満足していましたが
頑張ってみようと思い製作して行きました。

カブターの背中の装甲を床上げし
ランナーやプラ棒を使い
羽を取り付けるためのフレームを作りました。

尾翼は、そこからの延長で
機体に使うフレームを使用し
尾翼をとりつけました。

機関砲は、HMMガンスナイパーの
WWユニットから流用しました。
できる限り機関砲の様なデザインの銃を探し
選びました。

長さ的に長く無い?
と思いましたが
カブターの下ツノが支えになり
照準を合わせやすいみたいな設定にしてみました。

サボイアのキットには 
専用デカールも付いていたのですが
貼り付けをミスったので
今回はデカールなしで完成としました。
デカールなしでも塗装だけで
カッコ良くなるのは
キット自体が凄くいいものだなと感じました。

また、機会があれば
サボイアをストレート組みをしたいです。
color
装甲
黒サフ⇨スーパーイタリアンレッド
フレーム
黒サフ⇨サンディーブラウン
その他
スターブライトアイアン
スターブライトゴールド
今回は、展示会などでの輸送を考えて
上下分離タイプにしました。
機体自体は、大きく無いのですが
輸送の際できる限り分解できる方が
コンパクトに収めれるなと考えて作りました。
今回の製作でも
ウィキペディアを使い
もう一度、紅の豚に出てくる飛行艇について
調べてみると

サボイアS.21は空想の飛行艇だった
とか
ポルコロッソを日本語訳すると紅の豚
とか
ポルコの本名がマルコパゴット
とか
いろいろ豆知識が増えた
作品作りでした。

次は、カーチェス仕様の
クワガーを誰かが作ってくれるのを待つだけです。
よろしくお願いします。